面接でよくある質問で
「あなたの性格を説明してください」
というものがあります。

この質問に対して就活生の皆様は、自分のことを良く言います。
このことは、面接官の方だって、わかりきっています。
「私の性格は、根暗で、つまんない事をいちいち気にして、怒りっぽい性格です。」
なんてマイナスなこと絶対に言いませんね。

だから、面接官はこの質問をだけでなく、
「あなたは友人や家族からどんな人だと思われていますか?」
と、質問してきます。

こういう質問をすることによって、自分で自分の性格を説明するよりも、
客観的な意見を聞こうとしているのです。

さらには「どう思われていますか」という質問によって、
その人の感性を試そうとしています。
周りの人が自分をどう思っているのか、ということは、
常に相手の接し方や感情に気をつけていないと見えてきません。
これは感性が鋭くないと、分からないのです。

この質問によって、その人がどれくらい相手の立場に立って、
物を考えられるのか、相手の気持ちを察知できるか、これらが分かるのです。

普段相手の立場に立って考えていない人は、
どう思われているかを聞かれたときに、詰まってしまいます。
それで落ちてしまいます。
ここのところを気を付けましょう。

芸能界直伝の面接のポイントは、下のURLのセミナーでお伝えしています。
(「http://takada188.com/mensetsu-2/」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA
東京都葛飾区在住、新卒専門の就職活動コンサルタント
北海道日本ハムファイターズの25年以上のファン