選考が進むにつれて企業から質問される機会が増えてくるのが、「他社の選考状況」です。
エントリーシートや個人面接で聞かれるケースが多いです。

エントリーシートや面接では、自己PRや志望動機など代表的な質問への準備に
時間を割きがちですが、企業は「他社の選考状況」からもいろいろな情報を得ています。

特に個人面接では「他社の選考状況」で回答した内容について、
さらに突っ込んだ質問をされるケースも多く、
ここでの回答内容も非常に重要なポイントとなります。

面接で企業から「他社の選考状況」を聞かれた場合を中心に、
企業が見ているポイントが、下のとおり3つあります。

1.会社選びの基準
企業は、他社の選考状況からあなたの会社選びの基準を見ています。
あなたが何を重視して企業を選んでいるのか、応募している企業に一貫性があるかなどです。
応募している業界や職種にバラつきがある場合は、
それぞれの企業への応募理由を面接官から質問される場合もあります。
あなたの会社選びの基準など軸となる部分を意識し、
応募企業に共通して当てはまる部分を答えられるようにしておきましょう。

2.企業の志望度合い
他社の選考状況を確認した上で、応募企業の志望度合いを質問されるケースもあります。
志望順位を答えると共に、応募企業に対して
他社よりも魅力に感じている部分を具体的にアピールできるように準備しましょう。
特に、同じ業界や地域など特徴が似ている企業を多く受けている場合は、
他社と比較した上での応募企業の魅力をしっかり答えられる事が重要です。

3.就職活動に対する取り組み姿勢
他社の選考状況から、就職活動に意欲的に
取り組んでいるかどうかを見られるケースもあります。
自己PRや学生時代に頑張った事などにも共通していますが、
面接官はあなたの物事に対する取り組み姿勢から、
仕事に対する姿勢をイメージします。
積極的に就職活動に取り組んでいるのか、
ほぼ活動せずに受け身の状態なのかも判断材料の一つとなります。
他社を受けていないから第一志望など、
消極的なイメージで捉えられないように注意しましょう。
応募企業が少ない場合は、企業に対する熱意など
プラスの側面をしっかりアピールできるようにすると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?

就職活動では、質問に対する回答に正解があるわけではありません。
例えば面接では、面接官の質問に対して
あなたが自分の考えを具体的な理由や根拠を用いてしっかり伝え、
面接官が納得すればOKです。

大切なのは企業研究や自己分析をしっかり行った上で
あなたなりの考えを持つ事、そしてそれを自信を持って相手に伝えることです。
ぜひ前向きに、自信を持って就職活動に臨んで下さい。

この他、芸能界直伝の面接のポイントは、下のURLのセミナーでお伝えしています。
(「http://takada188.com/mensetsu-2/」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA

東京都葛飾区在住、新卒専門の就職活動コンサルタント

北海道日本ハムファイターズの25年以上のファン