就職活動で悩んだり途中でつまずいている人の中には、
誰にも相談せずにひとりで頑張っている人も多く見かけます。

あなた自身が頑張ることはもちろん大切なのですが、
改善のポイントが見えないまま頑張ってしまうと、
頑張っているのに結果に繋がらずに疲れてしまうことにもなります。

あなたの頑張りを効果的に良い結果へ繋げるためには、
使える資源を有効に活用することも大切です。

その資源のひとつは「人」です。
就活は団体戦です。
困ったことが有れば、すぐに人に訊きまくりましょう。
このとき、どんな人に訊けばいいのか?
大きくは下の3つです。

1:内定が出ている仲間を頼る
あなたが志望する業界や企業から内定が出た人、積極的に活動して内定を獲得した人、
あなたが苦手な選考(書類選考、面接など)の合格率が高く内定が出た人など、
あなたの周りにいる内定が出ている仲間を頼りましょう。

同じ就職活動を経験した立場からのアドバイスは、非常に参考になります。
例えば、就職活動の進め方や書類選考、
面接対策で工夫したポイントを聞くのも良いでしょう。
書類選考や面接対策では、実際に書いた内容を見せてもらったり、
あなたが書いた内容を見せてアドバイスをもらうのもひとつです。

2:キャリアセンター(就職課)の職員を頼る
学校のキャリアセンターには、有益な情報がたくさんあります。
OB・OGが多い企業や学校と繋がりが深い企業など、選考内容や求める人材、
企業の特徴などより詳しい情報を教えてもらえる場合もあります。
あなたが見つけられなかった求人を紹介してもらえる場合もあります。
ですので、ぜひ積極的に活用しましょう。

3:就職活動(キャリア)コンサルタントを頼る
また、学校のキャリアセンターに常駐しているキャリアカウンセラーや
私のように個人で活動している就職活動コンサルタントなど
就職活動(キャリア)カウンセラーもぜひ頼って下さい。
就職活動(キャリア)カウンセラーはキャリアの専門家です。
就職活動全般の相談はもちろん、書類添削や面接対策にも対応しています。
ですので、上手く行かない部分があればぜひ相談しましょう。

あなたは周りの「人」というリソースを上手く活用して就職活動を行っていますか?
就職活動でも社会人になってからも、
一人で解決できない問題や仕事はたくさん存在します。
これらは一人で解決することが良いことではなく、
周りの人など使えるリソースを上手く活用しながら
目的や与えられた仕事を完遂することが企業から求められることなのです。

就職活動におけるあなたの大きな目的は、希望する企業から内定をもらうことです。
そのために出来る事、使えるリソースは何でしょうか?
ぜひ「人」という観点から活用できるリソースを考え、
あなたの就職活動を効果的に進めるために活用しましょう。
ひとりで活動するより遙かに効率的に活動できますよ。

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA

東京都葛飾区在住、新卒専門の就職活動コンサルタント

北海道日本ハムファイターズの25年以上のファン