就活における必須のマナーはたくさんあります。
毎年恒例なのですが、この時期に学部3年生の方々と話しますと、
「御社」と「貴社」をごちゃごちゃに使っています。

実は就活生の皆様は、意外にこれを知りません。

会社を呼ぶとき、口語では「御社」で、書き言葉では「貴社」です。
よって、エントリーシートや履歴書では「貴社」となり、
会社説明会や面接では「御社」となります。

ですので、エントリーシートや履歴書で「御社」と書いたら、即刻落ちます。
知らなかったのでしたら、今知りましょう。

知っていれば常識なのですが、これを知らないと、
最悪の場合、その時点で落ちてしまいます。
それほどのマイナス評価になるのです。

これに併せて申しますと、銀行や信用金庫での呼び方は別のものになりますし、
JICAやJAのような協会や団体でも呼び名は別の表現になります。

よって、エントリーシートや面接を練習するのはいいのですが、
それ以前に、マナーを徹底的に学んでおく必要があります。

マナーがとても素晴らしいということで加点評価になることは、あまりないのですが、
敬語が使えない、といったマナーが全然使えていないがために、
その時点で落ちることが決定、という事例はたくさんあります。

皆ができていて当たり前なところに手を抜くのは、あまりにいけません。
減点される対象はゼロに近づけるほど少なくしておくことが、
就活の鉄則であります。

合格率100%のエントリーシートの書き方は、
下のURLのサイトの講座にてお伝えしています。
(「https://www.gosetsu.com/izest/es100」参照)

この他、面接のポイントは、下のURLのセミナーでお伝えしています。
(「http://takada188.com/mensetsu-2/」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA
東京都葛飾区在住、新卒専門の就職活動コンサルタント
北海道日本ハムファイターズの25年以上のファン