昨日、幕張メッセに行きました。
CEATECを見てきました。
これはアジア最大の電気電子系の展示会です。

出展している企業のほとんどがBtoB企業で世間的な知名度が無さすぎます。
しかし、ロームやDXアンテナなど、優良ホワイト企業がたくさん出展していました。

業界研究や会社研究で合同企業説明会に行くことが多いと思います。
ですが私は、合同企業説明会よりも展示会に行くことを、強くオススメします。

展示会は優良ホワイト企業の情報の宝庫なのですよ。

その最たる理由は、現場の社員と話しができることです。
合同企業説明会など、就職活動のイベントで
登場する会社の担当者は大体、人事の採用担当の方です。
よって、最前線の現場よりかなり遠いところがあります。

しかし、展示会の目的はビジネスチャンスの獲得ですので、
ブースに現れる方々は、最前線の現場の社員です。
彼らはきちんと事情を話せば、応じていただけます。
ですので、説明会では知ることのできない情報を教えていただけるのです。

2番目は、その会社の最新の商品やサービスに直接触れることができるためです。
BtoCはともかく、BtoBの商品やサービスを
世間一般の人たちが触れられるのは、こういった展示会だけです。
これらのものを直に触れ、そのときの感覚で可否を判断することができます。
これは非常に有益な機会ですよ。

ですので、皆様も是非、合同企業説明会だけではなく、展示会にも行ってみましょう。

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA

東京都葛飾区在住、新卒専門の就職活動コンサルタント

北海道日本ハムファイターズの25年以上のファン