新卒の就活生を専門としてる私ですが、
留年された方からの相談もたくさん受けます。

この方たちは「留年したがゆえに落ちた」と言っています。
しかし、これは間違っています。

結論から言いますと、企業は留年を全く気にしていません。
気にする会社があったら、その会社は差別主義の会社です。
絶対にブラック企業ですので、逆に入ってはいけません。

話しを戻して、どうして間違っているのかと申しますと、
それは留年した本人の問題です。

留年された方の多くは、
面接などで「私は留年しました」と先に言ってしまっています。
そうしますと企業の方々は
「あぁ、この人は留年のことに触れて欲しいのだな」と思ってしまいます。
そうして、留年のことをいろいろと詰問されて、自爆して落ちてしまうのです。

ですので、留年された方の内定を獲得するためのポイントは、
留年したことを一切言わないことです。
これに尽きます。

自分から「私は留年しました」と言わないでいると、
かなり高い確率で留年のことは全く触れられずに面接が進みます。
それであっさりと内定を獲得されるのです。

私の留年された多くのお客様もこの方法で、
数々の超有名大手企業から内定を獲得されました。
これを習得するためには、練習が必要ですが、かなり使えるテクニックですよ。

この他、面接のポイントは、下のURLのセミナーでお伝えしています。
(「http://takada188.com/mensetsu-2/」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA
東京都葛飾区在住、新卒専門の就職活動コンサルタント
北海道日本ハムファイターズの25年以上のファン