先日に大阪市でエントリーシート作成講座を行った後、大阪市に住む学部3年生の方が私にこのような質問をしました。

「志望する企業のインターンシップがあるのですが、東京でしか行われない。東京まで行ってインターンシップに参加した方が良いのか?」

答えは、絶対に参加した方が良いです。

その理由は簡単です。

WEBや紙の会社案内では絶対にわからない、企業の雰囲気が割合容易に掴めるためです。

インターンシップを通じて、担当の方が発する雰囲気から、その企業がご自身の性格に合うのか、本当に受験する価値があるのかが掴めるためです。

これは非常に大きい。

受験の時に初めて、その企業に行ったときに「思っていたのと違う!」となったら、かなり大変なことになります。

そういったことを早い段階から見極められるため、大阪市民でも東京で開催されるインターンシップに参加した方が絶対に良いです。

よって、あなたが志望する企業でしたら、どんなに遠い場所でも、インターンシップは参加した方が良いですよ。

このほか、合格率100%のエントリーシートの書き方は、下のURLの講座でお伝えしています。
(「https://www.gosetsu.com/seminar/es100」参照)

個別コンサルのご案内は、下のURLのサイトをご参照ください。
(「http://takada188.com/con」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA
22000名以上を支援してきている新卒専門の就職活動コンサルタント。年間10万通以上のエントリーシートを審査する新卒専門の採用活動コンサルタント。25年以上の北海道日本ハムファイターズのファン。