合同企業説明会、たくさんありますね。

これを読んでいただいてる貴社の方も「どの合説に参加しようか?」と考えていると思います。

果たして、貴社が欲しい人物像に適っている就活生は、どんな合説で出会えるのでしょうか?

答えを申しますと、出展企業が10社程度の小規模な合説です。

東京ビッグサイトやインテックス大阪で開催されるような大規模の合説ですと、貴社の存在自体が埋もれてしまいます。

存在自体が埋もれてしまうゆえに、就活生からも貴社の存在に気付いてもらえません。

逆に3~5社程度が集まった超小規模の合同会社説明会ですと、参加するそれぞれの会社自体の魅力が勝負になってきます。

この魅力が就活生に正確に伝わっていないと、どんずべりになります。

これはとてもリスクが高いのです。

出展企業が10社程度の小規模な合説ですと、規模がほどよい小ささゆえ、貴社の存在感が埋もれることはありません。

出展する各社の魅力が相加相乗効果で増し、どんずべりになることもあまりありません。

大規模な合説ですと、就活生個人と対話できる時間がほとんどありません。

しかし、出展企業が10社程度の小規模な合説ですと、就活生個人と対話できる時間ができます。

そこから対話を深めていき、貴社の求めている人物像にダイレクトに合っているのでしたら、次のステップ(1次面接など)に進めていけば良いのです。

以前のブログで述べましたが、内定を出せる権限を持っている方でしたら、その場で「内定!」もしくはそれに近い約束を与えてもOKなのです。(これは大規模な合説ではやっていけないことなのです)

対話できる時間が十分に取れるがゆえ、貴社の求めている人物像にダイレクトに出会える確率が最も高い合説が、出展企業が10社程度の小規模な合説なのです。

これは私が、東京ビッグサイトから某大学の小会議室まで、大小さまざまな合同企業説明会150回以上の手伝ってきた経験より、培ってきたものです。

是非、出展企業が10社程度の小規模な合説に参加してみるのも、絶対に良いです。

そのような合説はどこにあるのか?

最も手っ取り早い方法は、私が在籍する株式会社ちかなりが運営する「合説どっとこむ」というWEBサイトがあります。

これは全国の合同企業説明会が網羅されているWEBサイトです。

このWEBサイト(下のURLのサイトです)より、探す方法があります。
(「https://www.gosetsu.com/2019/」参照)

「合説どっとこむ」を運営する株式会社ちかなりも自身で合同企業説明会を開催しています。

「みつばち合説」と題して既存の合説の常識を破り、出展企業が10社程度のほどよい規模で、質の高い合説を開催しています。

3月以降は、東京都足立区と大阪市で回数多く開催します。

詳細の案内は、下のURLのサイトをご参照くださいませ。
(「https://www.chikanari.co.jp/bee.html」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA
22000名以上を支援してきている新卒専門の就職活動コンサルタント。年間10万通以上のエントリーシートを審査する新卒専門の採用活動コンサルタント。25年以上の北海道日本ハムファイターズのファン。