夏のインターンシップについて。

冬のインターンシップとの違いをときどき訊かれますが、企業の目的意識は、はっきり違います。

どのようにちがうのか?

冬のインターンシップは採用に直接つながっています。

採用に意識したプログラム(グループワークなど)になっていることが特徴です。

よって、あなたがインターンシップとして受験する会社や業界について、十分に理解していないと、その会社のインターンシップに参加できません。

しかし、夏のインターンシップは、そこまで要求されないことが特徴です。

進級して6月にいきなり「インターンシップだよ!」と言われても、そもそも志望業界が定まっていない方が、圧倒的な多数派です。

そこのところも企業は理解しています。

ですので、その企業が属する業界についての詳しい説明を、インターンシップの中でしていただける会社が結構多くあるのです。

業界研究を代わりにしてくれている、ということです。

業界の当事者がその業界について、詳しい説明を聴くことができるのです。

これは見逃せません。

よって、あなたが志望している業界はもちろんのこと、意識していない業界のインターンシップに参加するのも、とても良いです。

夏のインターンシップの成否のポイントは、あなたの知っている業界の幅をどれくらいまで広げられたか、ということにあります。

幅が広ければ広いほど、OKです。

この広げられた幅が、本選考はもちろんのこと、冬のインターンシップの成否につながります。

文学部だからといって製造業を避けるのはもったいないですし、工学部だからといって商社を避けるのももったいないです。

逆をいえば、業界の見識を簡単に広められる機会は、夏のインターンシップしかありません。

ですので、積極果敢に数多くの業界(企業)のインターンシップに参加しまくりましょう。

合格率100%のエントリーシート作成のテクニックをお伝えする講座です。
詳細のご案内は、下のURLのサイトをご参照ください。
(「https://www.gosetsu.com/seminar/es100」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA
22000名以上を支援してきている新卒専門の就職活動コンサルタント。年間10万通以上のエントリーシートを審査する新卒専門の採用活動コンサルタント。25年以上の北海道日本ハムファイターズのファン。