あなたは面接において“キーマン”を意識していますでしょうか。

キーマンとはその名の通り、“カギを握る人”です。

選考において、さまざまなところで実は“キーマン”と呼ばれる人が出てくる企業があります。

知っておくだけで、面接選考の通過率が格段に上がるため、今回はこれをお伝えをします。

まず、リクルーター制度を取り入れている企業では、社員面談などが設定されることがあります。

そのときに話しを聞いていただけた社員の方は、ズバリ“キーマン”です。

つまり人事から依頼されて学生に近い立場から、その学生を評価しているのです。

よって「社員面談がある企業」は大半がその相談に乗ってくれた社員は、リクルーターだと思って接した方が絶対に良いです。

就活生の皆様は学生なので、その先のことがわからないのは当然です。

しかし、実際に社員面談で話をしてくれた社員さんは、シビアにうちの企業で働けるかどうかを人事に正確に報告します。

「今困ってることがあったら言ってごらん。何でも相談に乗るから」と優しい言葉をかけられますが、そこは完全に面接です。

ネガティブなことなどを素直に話したら、即刻落ちます。

それでは何も話さない方がいいのかというと、それはもったいない。

あくまで選考になのですから、自己PRを本選考の面接のようにしっかりとすること、そして就活生自身が一番知りたい“あなたの会社の本当に欲しい人物像”の情報を聞くこと、そしてマメに連絡を取り、そのリクルーターに頼ることが大切です。

特にマメに連絡を取り続けることが大切です。

悩みを打ち明けるというよりは、感謝を示したり、選考状況を逐一報告したりしてみましょう。

そうするとその情報が必ず人事の耳に届き、人事としてはあなたを採用したいという意欲がどんどん高まってきます。

社員面談は、本選考の面接だと意識して対応するようにしてください。

本選考に入ってくると、キーマンは役員になります。

特に人事と総務を担当している役員は権限としては社長の次に強い権限を持っています。

基本的には人事担当役員の一声で、内定を出す出さないを決まってしまうくらいの強い権限があります。

権限がある人に関しては、やはり“感謝を述べること”を常に意識して面接をするが、とても重要です。

無理が無い自然なタイミングで、今までの選考に関してや、会社の対応などの感謝を一生懸命伝えてみましょう。

権限がある人は、どうしても感情、感じの良さで判断しがちです。

よって、誰もが悪い気がしない感謝をどこかで述べられないかと、常にアンテナを張っておくことをおススメします。

最後のキーマンは、社長です。

これは役員同様ですが、感謝を述べるのも有効です。

そして特に創業社長の場合は、社長は会社を“自分のモノ”だと思っています。

本来、会社は株主のものなのですが、ゼロから作っているため、どうしても自分のモノという気持ちが強いのが特徴です。

つまり、会社のことを正確に理解した上で、会社の本当に自信のある部分を褒められると、自分が褒められていると思うくらい、社長は喜びます。

ですから、社長面接の最終面接対策としては、徹底した企業理解が必要不可欠です。

その理解がズレていると、絶対に内定は出ません。

会社イコ-ル自分なのですから、会社のこと知らないなら、私とは合わないと思うのが、創業社長というものです。

よって是非、キーマン押さえるようにしましょう。

これによって、面接選考を通過できる確率が格段に上がりますよ。

このほか、就職活動についての個別のコンサルティングを下のURLのサイトより、受け付けています。
(「http://takada188.com/con」参照)

合格率100%のエントリーシート作成のテクニックをお伝えする講座です。
詳細のご案内は、下のURLのサイトをご参照ください。
(「https://www.gosetsu.com/seminar/es100」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA
22000名以上を支援してきている新卒専門の就職活動コンサルタント。年間10万通以上のエントリーシートを審査する新卒専門の採用活動コンサルタント。25年以上の北海道日本ハムファイターズのファン。