知名度が圧倒的に無いあなたの会社に、就活生からの応募を増やす方法のひとつをお伝えします。

なんとかしてあなたの会社の名前を学生に伝えることができました。

ここで学生が不安になるのは、「この会社で私は真っ当に働けるのか?」ということです。

学生は不安なことがひとつでもあると、絶対に応募しません。

よって、この不安も解消しましょう。

それでどうやって解消するのか?

あなたの会社の若手社員が働いているところを見せれば良いのです。

できれば入社1~2年目くらいの若さが良いです。

若手社員が働いているところを見せると学生は「私もこういった感じで働くのか」とイメージしやすくなります。

この働いている姿を見せることによって、学生の不安を払拭させることができるのです。

その見せ方は大きく2つあります。

ひとつめはYoutubeです。

1分程度(長くても3分未満)の動画を(若手社員数×10)本くらい撮影します。

その中であなたの会社の求めている人物像に合致している動画を選別します。

そして選別した動画をあなたの会社の採用ホームページにアップロードすればOKです。

ふたつめは会社説明会(合同企業説明会)です。

会社説明会(合同企業説明会)で若手社員に「私はこんな感じで働いています」と話しをさせるのです。

出社から帰宅までの1日の流れとか、仕事をする上での心構えとか、必要となるスキルなどを話しさせるのです。

この2つの方法を駆使することによって、学生の脳内にあなたの会社で働くイメージが完成され、応募をするのです。

2つの方法ともにお金はかかりません。

すぐにできる方法です。

是非、次年度の新卒採用の布石として、この方法を実行に移してみましょう。

このほか、貴社のお悩みに即答する個別コンサルを行っています。
個別コンサルのご案内は、下のURLのサイトをご参照ください。
(「http://takada188.com/saiyocon」参照)

この記事の内容のような即効性のある新卒採用についての講演を、あなたの街で行います。
講演の詳細のご案内は、下のURLのサイトをご参照ください。
(「http://takada188.com/alectures」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA
22000名以上を支援してきている新卒専門の就職活動コンサルタント。年間10万通以上のエントリーシートを審査する新卒専門の採用活動コンサルタント。25年以上の北海道日本ハムファイターズのファン。