ですから新卒の就職活動において、企業が求めている人材とは、自社の更なる利益の獲得に貢献してくれる人です。

企業があなたに期待していることは、「将来、営業部の部長になってもらう」ことでも「将来の社長になってもらう」ことでもなく、「ウチの利益に貢献
」をして欲しいのです。

よって、その会社の利益の上げ方(ビジネスモデル)を詳しく理解している学生の方が、有利に就職活動を進めることができます。

しかしどうでしょう。

皆さんはビジネスモデルについて考えたことはありますでしょうか?

起業に興味がある人や、経営に興味のある人であれば、イメージが湧きやすいと思います。

しかし、今までそういったことに無縁だった人からすると、抵抗があるかもしれません。

単純に考えてみましょう。

「儲けのしくみ」をシンプルに把握するということです。

お金を誰からもらってその対価として何を提供するか、それを図にできれば、それでOKなのです。

例えば小売店を思い描いてください。

有名アパレル店を具体的にイメージすることにします。

店内には洋服がずらりと並びます。それを見てお客様がレジに並び商品を買います。

アパレル企業 → お客様 (商品の流れ)
アパレル企業 ← お客様 (お金の流れ)

このようになりますね。

しかし、これだけではアパレルの事業は成り立ちません。

なぜなら商品の仕入れがあるからです。

仕入先 → アパレル企業 → お客様 (商品の流れ)
仕入先 ← アパレル企業 ← お客様 (お金の流れ)

上のようになります。

これがアパレル企業のビジネスモデルを簡潔に表したものです。

これを考えることによって、あなたの企業研究の視点が広がってくるはずです。

だいたいの学生は、下のような感じです。

アパレル企業 → お客様 (商品の流れ)
アパレル企業 ← お客様 (お金の流れ)

これくらいにしか意識しません。

しかし、お客様に多くの商品を買ってもらうには、ビジネスモデル上m魅力的な商品を仕入れることが何より大切ということが、見えてくるわけです。

それを知っていれば、面接でもワンランク上の発言をすることができるようになります。

小売業以外のビジネスモデルも見てみましょう。

広告業はどんなビジネスモデルになっているのでしょうか。

テレビ局を例に説明をしていきます。

あなたの好きなテレビ局をイメージしてみてください。

それと同時に、テレビ局の儲けの仕組みを考えてみてください。

ではテレビ局の儲けの仕組みはこうなっています。

広告出稿主(CMを出す企業)←テレビ局→視聴者 (サービスの流れ)
広告出稿主(CMを出す企業)→テレビ局←視聴者 (お金の流れ)

テレビ局の場合、「テレビ局←視聴者(お金の流れ)」の部分を無料にして、多額の費用を広告出稿主(CMを出す企業)から徴収する、というビジネスモデルです。

つまり、お金は広告出稿主(CMを出す企業)が出します。

よって、広告出稿主が広告をアピールしたい視聴者層向けの番組を作ってもらわないと、クレームが入ることになります。

ですから、テレビ局は寝ても覚めても「視聴率」ばかりを意識しているのです。

当然ですね。

ビジネスモデルとして、広告出稿主(CMを出す企業)が納得できる視聴者の数を集められない番組は、内容が良い悪いに関わらず、打ち切られることになります。

高齢者向けにアピールしたい商品を持っている企業であれば、高齢者が見てくれる番組でなければ、番組は打ち切りです。

女性にアピールしたい商品を持っている企業は、女性の視聴者が少ない番組にはお金を払わないわけです。

広告業界はその効果に関してシビアです。

だから視聴率ばかり気にすることになります。

どうでしょうか?

ビジネスモデルを考えると鋭い視点で物事が考えられるようになりませんか。

仮にテレビ局の番組制作の職種で、面接しに行ったとしましょう。

そして「番組の企画を作ってください」と言われたとします。

このテレビ局の儲けの仕組みを知っている人と知らない人では、企画の精度に天と地の差が出てきてしまします。

ビジネスモデルを考えていない人は、とにかく多くの人に興味を持ってもらう番組しか提案できません。

しかし、ビジネスモデルを理解している人は、広告出稿主(CMを出す企業企業)に評価される番組を作れば、会社は儲けることができる、ということを知っているます。

よって、自信を持って視聴者ターゲットを絞ったオリジナリティーの高い番組を企画することができるのです。

いかがでしょうか?

ビジネスモデルを理解し、その会社がどうしたら儲かるのかを知るだけで、あなたの発言は一気に「学生レベル」から「社会人レベル」に引きあがります。

是非、あなたが志望する業界はどのようなビジネスモデルになっているのか、研究してください。

このような感じで、就職活動のお悩みに私が直接に回答する個別コンサルを行っています。
詳細のご案内は、下のURLのサイトをご参照ください。
(「http://takada188.com/con」参照)

3回の添削サービスを含めた合格率100%のエントリーシート作成のテクニックをお伝えする講座です。
詳細のご案内は、下のURLのサイトをご参照ください。
(「https://www.gosetsu.com/seminar/es100」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA
22000名以上を支援してきている新卒専門の就職活動コンサルタント。年間10万通以上のエントリーシートを審査する新卒専門の採用活動コンサルタント。25年以上の北海道日本ハムファイターズのファン。