先日、個別コンサル祭りを行ったとき、
参加者よりインターンシップのエントリーシートの話しになりました。

この方は「インターンシップのエントリーシート選考に全て落ちてしまった。
何をポイントにエントリーシートを書けば良いのか、全く分からない」とのこと。

昨年に続き今年もインターンシップのエントリーシート選考について、
企業の方はここを見ています。

(1)ウチの会社でないといけない理由
(2)このインターンシップで得たいモノを明確にしている(目的意識を持っている)

つまりは上の2つをしっかり書けていれば、
インターンシップのエントリーシートは確実に通過するのであります。

事実、私が直接に支援している2019年卒の方々も、
この2つを徹底的に意識してエントリーシートを作成させたら、
夏のインターンシップでのエントリーシート選考の合格率は、100%でした。

インターンシップのエントリーシート選考は、
本採用と比較して、あまり大したクオリティでなくても通過できてしまいます。
それでもなお落ちてしまった方は、
正しいエントリーシートの書き方を学び、意識的に練習して、
本採用では確実に通過できるエントリーシートを作成できるようにしましょう。

合格率100%のエントリーシートの書き方は、下のURLのサイトの講座で学べます。
(「https://www.gosetsu.com/izest/es100」参照)

高田晃一に個別に直接会ってコンサルを受けたい、という方は、下のURLのサイトをご参照ください。
(「http://takada188.com/con」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA

東京都葛飾区在住、新卒専門の就職活動コンサルタント

北海道日本ハムファイターズの25年以上のファン