私は年に10万通以上のエントリーシートを審査するのですが、
よくある典型的な落ちるエントリーシートは、
「~~することを心がけていました」と書いているものが多いのです。

意識的に行っていることは、あなたの本来の強みではないのです。
そうではなく、無意識にしている行動こそが、あなたの本当の強みなのです。

心がけていることのきっかけは、他人から指摘されたことがほとんどです。

たとえば、飲食店で働いているAさんは、
いつも店長から「臨機応変に対応しろ」と言われてきました。

これはできていなから注意され、注意されるから心がけていたのです。
よって、「臨機応変に対応することを心がけていました」
と自己PRしていたことは、嘘ではありません。

しかし、それはまだできていないこと、苦手なことをアピールしている、
「言われないとできないのか」と企業側(採用する側)は判断するのです。

よって企業の側から、
「高田さん、こういうエントリーシートは落としてね」と、言われます。

それではエントリーシートの選考で落ちまくるのは、当然の結果でしょう。
本来の姿は全く別のところにあるはずです。

心がけではなく、無意識のうちに自然とやってしまうこと、さらにはそれが
受験する企業の更なる利益の獲得に繋がるものこそが、あなたの本当の強みなのです。

この強みの見つけ方をはじめ、
合格率100%のエントリーシートのポイントは、
下のURLのセミナーにて、お伝えしています。
(「https://www.gosetsu.com/izest/es100」参照)

高田晃一から個別コンサルを受けたい、
直接にアドバイスを受けたい方は、下のURLのサイトをご参照ください。
(「http://takada188.com/con」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA

東京都葛飾区在住、新卒専門の就職活動コンサルタント

北海道日本ハムファイターズの25年以上のファン