エントリーシート作成講座を行い続けていますと、こういった質問がときどき来ます。
「自己PRや学生時代に最も頑張ったことに高校のときのことを書いても良いのでしょうか?」

ダメです。全くダメです。

その理由は、高校在学時のことを書きますと、企業の方は
「あぁ、この人は高校在学時で燃え尽きて、大学在学時は何もやっていないのだな」
と判断し、継続的に行動できない人だということで、即刻落とします。

ですので「自己PR」や「学生時代に最も頑張ったこと」は、大学在学時のことを書きましょう。

それでもなお、すごい実績を出したために高校在学時のことを書きたい、と言う方がいます。
こういうときは「高校在学時に○○という実績をあげました。
この経験を基にして、大学在学時は△△という実績もあげました」
という論じ方で書いていけばOKです。

こういったことを意識して「自己PR」や
「学生時代に最も頑張ったこと」は、大学在学時のことを書きましょう。

この他、合格率100%のエントリーシートの書き方を
下のURLのセミナーでお伝えしています。
(「https://www.gosetsu.com/izest/es100」参照)

高田晃一から直接にアドバイスを受けたい、
個別コンサルを受けたい方は、下のURLのサイトをご参照ください。
(「http://takada188.com/con」参照)

投稿者プロフィール

Koichi TAKADA
Koichi TAKADA
東京都葛飾区在住、新卒専門の就職活動コンサルタント
北海道日本ハムファイターズの25年以上のファン