3日の読売新聞14面より。
https://www.yomiuri.co.jp/article-search/detail/20240603J1TYMBD1200040/

就活生が第1志望ではない企業の面接選考を受けるとき「第1志望ですか?」と振られたら「第1志望です」と答える就活生が半分以上だそうです。

そりゃそうだよね。

「違います。すべり止めです」と言ったら「ナメているのか!」とキレられて即刻落ちます。

だから忖度して「第1志望です」と答えるのですよ。

面接で企業側がこの質問を振る理由は、内定辞退のリスクを探るためです。

辞退されると精神的にも費用的にも超絶的に辛い。

内定を出したら確実に入社してくれる就活生を抽出するためにこの質問を振ります。

しかし就活生は忖度して「第1志望です」と答えるのは確実に起こる未来なのだから、そんな質問をしても全く意味は無い。

よって企業の地頭の程度が露呈します。

就活生にとっては、企業の本性がわかる大きなチャンスです。

「第1志望です」と答えるのは明白なのだから、「第1志望ですか?」と振る会社は、こんな当たり前なこともわからないバカ会社です。

バカは社屋で感染します。

「この会社に入ったら私もあんなバカになってしまうのか。それはイヤだ!」と判断して、即刻選考を辞退して逃げましょう。

インターンシップや会社説明会でどんなにキラキラに盛っても、面接で全てがバレます。

面接は企業が就活生を見極める場でありますが、就活生にとりましては「私が入社するに相応しい会社なのか」を見極める場でもあります。

早期退職を防ぐためにも、その視点はとても重要。

私が講師をしているオンライン面接講座でも、長めの時間を使って解説しています。
http://takada188.com/mensetsu-2

本当に大事。企業から選別されるため、就活生の皆様は萎縮してしまいがちです。

しかし、面接で全てがわかるので「私が入社するに相応しい会社なのか」を見極める目線を持って臨みましょう。

企業に対して強くアピールできてしまうので面接の通過率が上がりますし、正確に企業を判断できるため、精神的にラクして働ける会社を見つけられやすくなりますよ!


入社先が決まるまでエントリーシートを回数無制限で添削するサービスです。
http://takada188.com/es

合格率100%のエントリーシートの書き方についての講座です。
http://takada188.com/esmovie

ブラック企業を避けて競争倍率の低い大手ホワイト企業の見つけ方を教える動画の講座です。
http://takada188.com/blackwhite

芸能界仕込みの即効性の高いオンライン面接の攻略法を教える動画の講座です。
http://takada188.com/mensetsu-2