昨日の日本経済新聞夕刊2面より。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61098290V20C22A5EAC000/

人間発見のコーナーで今週はカルビーのCHRO、武田雅子さんです。

クレディセゾンの新卒採用担当だったときのエピソードが書かれています。

ポイントは下の段落。

金融の知識がない学生も、自分の仕事の面白さを熱っぽく語る社員の言葉には関心を持ちます。最初は「忙しいのに」と不満だった社員は、学生パワーに接し「来年もやらせて」。仕事の意味を再発見するなど、下手な研修より社員側の活性化につながるとわかりました。

これが私が「新卒採用が会社をより良くする」と、いつも言っている最たる理由です。

若い人に仕事を教えたり啓蒙したりすることが、自身の仕事の意味を再認識して、日常業務のモチベーションが上がるのですよ。

よって、退職のリスクは下がるし、売上も粗利も増えます。

世代間での良い循環が、自社で出来上がります。

これは中途採用ではできないことですよ。

だから私は「中途よりも新卒だ!」と言っています。

そういうことですよ。

近視眼的に中途採用に走るより、長期的な視野で新卒採用に力を入れることが、自社の長きに亘る繁栄を実現させます!

この具体的なやり方は、いろいろな場所で話していますよ!

 

 

 

 

高田晃一への講演依頼のご案内
http://takada188.com/alectures

 

高田晃一の新卒採用コンサル
http://takada188.com/saiyocon-2

 

貴社の新卒採用がもっと良くなる高田晃一の新卒採用メールマガジン
「メルマガ版・タカダ式!成功する新卒採用」は下のURLより、
配信登録をよろしくお願いいたします。
https://39auto.biz/takada188/registp/entryform2.htm